ネイルカラーの選び方

ネイルを飾り付けるとき、皆さんはどのような点を考慮しているでしょうか?
これからネイリストを目指そうと考えている方や、ネイリスト求人を手に取っている人は、お客からネイルに関するアドバイスを求められたときに、適切な答えを用意している必要があります。
今回は、プロアマ問わず知っておくと役立つ、ネイルカラーを選ぶ際のポイントについて詳しくご紹介します。
ネイルカラーの印象は爪と指の色の比較によって決定されます。
つまり、ネイルカラーを選択する際には自分の指の皮膚の色について詳しく観察する必要があるのです。

色白の方は鮮やかな色が生えやすいという特徴があります。
逆に、複雑な色味やくすんだ印象のカラーはアンバランスに見えてしまう傾向にあることを覚えておきましょう。
黄色に近い肌の色を持つ方には、オレンジをはじめとしたコーラルカラーがおすすめです。
肌の温かみを失うことなく、調和のとれた色合いを表現出来ます。
コーラルピンクやコーラルレッドなど、明るい色味が多くなる傾向にあります。
大人っぽさを演出したいときは、ラメやグラデーションといったカラーの使い方を加えてみると良いでしょう。

小麦色に肌が焼けている人の場合は、イエローを中心とした配色を考えてみましょう。
肌のもともとの色合いに近い色味であれば、小麦色の肌とも齟齬を感じさせません。
自然な印象よりも個性をアピールしたいのであれば、蛍光色に近いヴィヴィッドなカラーをご選択ください。
白い肌の場合はこうした色合いがぼやけがちですが、肌が小麦に近いとコントラストが映え、華やかな印象に変化するのです。

さらに指先を目立たせたいのであれば、ゴールドやシルバーといった光り輝く色を採用するのも一つの手段です。
カラーそのものが持つ印象を重視してネイルを選択することもあります。
レッド系統はアクティブで情熱的なカラーとして有名です。
冷静と協調性の象徴であるブルーは、濃淡によって可愛らしくもカッコ良くもなるカラーです。
キュートでポップなイメージを必要としている方は、ピンク色のネイルを合わせてみると良いでしょう。
ホワイトのネイルに心機一転という意味を込める人は少なくありません。
ウェディングをはじめとした新たな門出の際に選択されることの多いカラーです。
穏やかな気持ちになると同時に、可愛らしさも演出してくれます。

ネイリストはお客とのカウンセリングの中で、その人の個性に合った色を選ぶ必要があるので、色の印象を頭に入れておいて損はありません。
色に関する様々な知識を駆使しながら、お客に最高のネイルを施すのがネイリストの務めなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です