ネイルサロンでのサービス

ネイリスト求人を見てネイルサロンで働きたいと考えた方の中には、一度ネイルサロンを利用しておきたいと考えている人もいるかもしれません。
ネイリストとして働くのであれば、ネイルサロンについての知識を蓄えておくのは必要といえます。
今回は、ネイルサロンでどのようなサービスが行われているのかについて詳しく見ていきましょう。
ネイルサロンでは、お客の要望に合わせて爪を飾り付けてくれます。

ただし、来店してすぐに爪を触るということはありません。
お客の話を聞きながら、どのような爪に仕上げたいのかを聞き取るカウンセリングが行われるのです。
ネイリストは接客業であるといわれる所以はここにあります。
お客との会話の中でどのようなネイルに飾り付けるべきかを判断する能力と、コミュニケーションを苦にしないメンタルが求められるのです。
お客としてネイルサロンを訪れた際には、どのようなシチュエーションでネイルを活用したいのか、普段の仕事は何をしているのかといった爪に関する細々とした事柄を質問されるので、丁寧に答えましょう。
ネイルサロンでは、お客の爪に施された装飾を剥がす、いわゆるオフという処置を施してくれます。
そのお店で飾り付けたネイルでなくても落としてくれますが、基本的には自店のものよりも料金が高めに設定されていることを覚えておきましょう。

ネイルサロンはお店によって様々なコースを用意して、お客からの需要に応えています。
甘皮をはじめとした手の皮膚をケアするだけのコースは男性の利用客を中心に人気を集めています。
女性の皆さんは爪を飾り付けることが多いのですが、職業や年齢によって求める爪の仕上がりは千差万別といえます。
爪のおしゃれとして昔から親しまれているマニキュアは、爪を色素が付いたコーティング剤で覆うという仕組みです。
5日程度日持ちしますが、それ以降はお手入れをしないと剥がれる可能性があります。
その分、お客の手によっても除光液で剥がせるのがポイントです。
ジェルネイルは特殊な溶剤を爪に塗ってから、UVライトで乾燥させます。
こうすることで、マニキュアよりも分厚いコーティングとなり、艶や発色性に優れているのです。

ただし、除光液でも落とすことは難しいので、ネイルサロンでお手入れをしてもらう必要があります。
マニキュアに比べても長期間爪を維持出来るので、ネイルサロンに定期的に通う習慣のあるお客の多くはジェルネイルを利用しているのです。
ネイルサロンの中には手の指だけでなく足の爪、いわゆるフットケアの施術を実施しているところもあります。
足の爪は靴や靴下と擦れる機会が多く、適度な長さにしていないと、姿勢の悪化や巻き爪といった健康被害が起きる可能性も否定出来ません。
ネイルサロンでは審美的な視点と健康面を考慮しながら、ネイルを美しく飾り付けてくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です